【番長3】設定推測ポイント~ボーナス・引き戻し編

ランキングに参加していますので、下記の画像をクリックしていただけると大変喜びます(*^^*)

どうか応援よろしくお願いします<m(__)m>

みなさまのクリックが僕たちのやる気の源になります!!

にほんブログ村 スロットブログへ

 

ペタジーニです(^〇^)

 

番長3打たれてますか~!?

まだ番長あまり打たれてなくこれから打ち込んで行こうと思ってる方や、打ってはいるけどイマイチ理解できてないぞ(゜_゜) て方に番長3の設定狙いに慣れて頂けたらと思い設定推測ポイントを私なりにまとめてみます☆

 

以前記事にした、

【番長3】設定推測ポイント~ベルカウンター編

コチラをまだ見れてない方はコチラも是非読んでみてください(^^)

 

前回は番長3の肝である対決についてまとめてみましたが、今回はそれ以外の設定推測要素に着目してみます☆

 

通常ボーナス&ボーナスの色

 

番長2 サラリーマン番長 ではボーナス(擬似)から頂ラッシュへ突入させるのがメインで、通常時にもときおり訪れる『通常頂ラッシュ』が通常時のスパイスとなってました。

番長3ではそれが逆になり、通常時からは頂ジャーニーがメインで、通常時に頂ジャーニーを経由せずボーナス(擬似)が訪れる『通常ボーナス』が通常時のスパイスとなってます☆

違和感のある前兆は健在です(´∇`)

 

頂ジャーニー中のボーナスではなく、通常時からのボーナス直撃の出現率に設定差が設けられてます!

 

設定1と2では通常時の 1/7449

設定4で 1/2529

設定5で 1/3270

設定6で 1/1812

分母は大きいですが、それなりに設定差が設けられてます!

1回だけのみならず複数出現すれば高設定の期待度アップですね(^^)

 

また設定6のみ青BBの出現率が高くなってるのも特徴です!

他の設定では1/5ですが、設定6では直撃ボーナスの 1/3が青BBとなります☆
(※小役での青BB昇格含むおおよその確率です)

 

頂ジャーニー中のボーナスの色にも注目です!

天国滞在時は全設定共通で青BB出現率が高くなります(24%)が、非天国時の青BB出現率に設定6のみ大きな設定差があります。

他設定では5%程に対して設定6では約4倍の22%で青BB出現となります☆
(※小役での昇格を考慮した出現率です)

青BB出現は、設定6を見抜く大きな推測要素であるとともにストック上乗せのチャンスでもありますので嬉しさも大きいです☆

 

引き戻し

 

ART終了後の引き戻し確率に設定差がついてる機種が多いですが、番長3でも引き戻しには大きな設定差が設けられてます!

設定1で5.7%
設定6で20.3%

4倍近くの設定差がついてます!

引き戻しは偶数設定が優遇されていて設定2では 8.7%となります。

設定2の多いホールでは引き戻しが発生しやすいので注意が必要です。

ART終了後、通常状態に落ちる前にすぐ復活するのはストックによる継続なので引き戻しと混同しないように注意しましょう!

 

引き戻しの特長として、ベルやレア役から発展ではなくゲーム数消化により前兆が発生して必ず特訓からスタートします!

引き戻しの前兆が始まるまで基本的にはART終了後最大48ゲームとなってますが、途中でベルカウンターやレア役から対決に発展すると引き戻し前兆発生が48ゲームより遅れる事があります!

他の機種と少し違うのは、ART後に『引き戻し特訓』と呼ばれる特訓が訪れ元々勝利(引き戻し)が確定している場合と、引き戻し特訓は発生するが内部的には負け(引き戻しが確定していない)の場合があります。

種無しの引き戻し特訓(内部的に負け)の場合でも対決中に小役で勝利へ書き換え抽選が行われており、それに当選すると勝利となり引き戻しとなります!

引き戻し確率には書き換え勝利する確率も含まれているので、設定6だと引き戻し特訓(内部的には負け)の出現率も高くなります!

 

今回出てきた『通常ボーナス』『青BB比率』『引き戻し』、これらも設定推測に欠かせない要素となってきますので設定推測として利用できるようシッカリ把握して設定推測していきましょう☆

 

番長マスター目指して特訓あるのみ!!

今回は以上です(U´・ェ・)

 

本日もご愛読ありがとうございました☆

応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ

質問、お待ちしております!!
yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

ドシドシお待ちしております(^-^
-スポンサードリンク-

コメントを残す

このページの先頭へ