2017年、個人的に打ち込んだ機種は…

ランキングに参加していますので、下記の画像をクリックしていただけると大変喜びます(*^^*)

どうか応援よろしくお願いします<m(__)m>

みなさまのクリックが僕たちのやる気の源になります!!

にほんブログ村 スロットブログへ

 

 

 

ハルです

 

 

 

2018年がスタートしてから週間が経ちますね

既にパチンコ・パチスロで何度か稼働をしていますが

今の所パチンコは圧倒的に稼働が少ないです

 

年末年始は厳しいかなと思っていましたが

ホールに寄っては日毎に扱いが変化している所もあり

“厳しいの一言”といった状況でもなかった様子

 

さて、今回のテーマは

2017年、個人的に打ち込んだ機種”と言う事で

2017年のデータを見ていたら機種だけ圧倒的…

 

どんな稼働スタイルか、地域、ホールの扱いetc.

それぞれの要素で内容も変わってきそうですね

 

 

そんな中で私が番打ち込んだ機種がこちら

 

 

真・北斗無双 FWN(ミドル)
では無く…

 

 

 

CR 009 RE:CYBORG NR-K(甘デジ)
でした!

180114_001

 

 

まさかの甘デジ、しかも旧基準機種が登場

上半期は仕事帰りにパチンコを打つスタイルが多く

18時から攻めるなら圧倒的に甘デジ優先でした

 

このRE:CYBORGシリーズはそこそこ人気があるようで

今もバラエティー島に置いてあるホールもありますね

 

スペック自体はぼちぼちと言った所なのですが

対して技術介入要素がかなり高い機種

それなりに打てる調整なら全然打っていけますね

 

但し「甘デジ×ロングST」と言う事で右が重要

特にスルー付近の釘をよく弄られるので

まずは右打ちをしてスルー通過を見た方が良いですね

 

案外打てそうな調整でもいざ右打ちが始まると

スルーに全然玉が通過しない…なんて事もあります

その逆もまた然り、なので右打ちは必ずやりましょう

 

これはゲージの同じミドルS2R-Kにも言える事で

こちらも現状設置してある店舗も多いですね

ホールに寄っては少数ながら島である所もありました

 

その他にS-K1というスペック違いがあるのですが

こちらは1パチ専用スペックらしいですね

 

ところでこの機種、ロングSTながら賞球が2

なので右打ちで止め打ちが出来れば玉が増えます

 

甘デジは勿論ですが、ミドルは”ミドル”と言っても

1/215の初当たり確率となっていますので

右打ちをする機会は1/319に比べて断然多いですね

 

更にミドルは1/215ながら時短100となりますので

(時短100なのはゲーム性故ですが…)

通常当りでも止め打ち込みで出玉を多く獲得出来ます

 

更にラウンド中の技術介入ですがオーバー入賞も優秀

アタッカー賞球数は甘が10、ミドルが13個ですが

画像を見て分かる通り上部天井の距離が長いです

180114_003

 

球を擦らせ減速させる事が比較的容易なので

ワンツーで捩るのは勿論の事ですが

上手く行けばワンツースリーと2個入賞も可能

 

これは非常に大きい要素で特にミドルでは

継続率90%と合わさりオーバー入賞の機会が多いので

アタッカーまでの調整が良ければ是非狙いましょう

 

 

ここまでこの機種の良い面を書いて来ましたが

反対に悪い面というか厄介な部分も当然あります

 

 

まず1つ目が

ラウンド振分けが多すぎる事

 

甘、ミドル共にラウンド振分けの数は同じです

各振分けの割合は異なっていますが甘であげると

 

ヘソ入賞からのラウンド振分けは

6R確変、4R通常、出玉なし通常の3つ

これは一般的と言いますか種類はよくありますよね

 

しかし電チュー時の振分けはこんなもんじゃありません

電チュー入賞からのラウンド振分けは…

 

 

 

 

3R確変、4R確変、5R確変、6R確変、7R確変

8R確変、9R確変、10R確変、11R確変、12R確変

13R確変、14R確変、15R確変、16R確変………

 

なんとその数14種類

 

 

3R確変が50%なので大抵は3Rに寄りますが

当たり前ですがそれ以外の振り分けも50%

均等で無いにしろ万遍なく散らばっています

 

仕事量計算に必須の総ラウンド数のメモが大変です

私はカチカチ2台を使ってカウントする事もあれば

「3,3,6,3,10~」の様にメモをして最後に総時短回数をメモ

 

これならまだ全然楽な方ですが

データカウンターに時短の回転数が上がらない場合

「3#19,3#57,6#33,3#20,10#1~」の様にメモも大変

 

 

もうつの厄介な所が

通常時からの大当たりで時短(右打ち)に入った際

ヘソに残っている残存保留が高速で消化される事

 

この高速消化を回避するのはまず不可能です

スルー解放抽選が受付を始めた頃には既にヘソは

誇張でもなく本当に一瞬の間に消化されてしまいます

 

残存保留分が殆ど無駄となってしまうのは勿論ですが

一番の恐怖は

 

通常時から直接STに突入した場合

確変確率でヘソ保留の当り抽選してしまうので

残存保留分の通常転落の可能性がある事

 

「そのヘソ保留で確変を引けば良いじゃないか」

と思われる方もいるかも知れないですが

ヘソからの確変突入率は大当たりの0.5%

 

まず回避は無理です。ほぼ確実に通常に転落します

逆に0.5%を引く事が出来たら自慢しましょう(笑)

 

因みにSTから通常に転落した際も

演出はSTと同様ですが内部は通常確率なので注意

通称「偽加速RUSH」等と呼ばれてますね

 

この機種の甘やミドルを打った事がある方は

「まずSTに入らない」とか「3R多すぎ」とか

連で終わった」等色々あるかと思いますが

私自身がマイナスと思っている点はこの2つですね

 

こんな感じでCR009 RE:CYBORGを書いてきましたが

今年も打つ機会があれば打ちたいですね

旧基準機が完全撤去なら致仕方ないですが

 

まだ設置してある+打てる調整なら打ちたい

番高い仕事量を追うのがセオリーですが

北斗無双ばかりだとネタ的にも飽きますので…

 

ゲーム性が

時短を当て、時短中に当たりを引いてSTに入れる

となっています

 

ST2連で終了やそもそもST入らない等

やや荒れる台ですが面白い機種だと思います

 

私個人の稼働でも連続でST突入無し

ST2連終了が連続等キツイ展開もありましたが

反面ST10~20連なんてのもありましたね

 

ミドルも結構打ちましたがこちらも

10連続でST非突入ST2連終了が5連続

甘以上にキツイ展開がありましたね

 

その分継続率90%だけあってSTに夢(?)があり

ST100連超えなんてのも一度だけありましたね

ミドルは本当に出玉が荒れますのでご注意!

 

 

もしこの機種をホールで見かけて打てる調整なら

ものは試しで触ってみては如何でしょうか?

(009のマーケティングみたいになってしまいましたが…)

 

 

 

本日もご愛読ありがとうございました☆

応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ

質問、お待ちしております!!
yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

ドシドシお待ちしております(^-^
-スポンサードリンク-

2 Responses to “2017年、個人的に打ち込んだ機種は…”

  1. 軍団長M より:

    専業ならこの台は大変お世話になった方は多いのではないでしょうか

    自分も甘の方はかなり打ち込みましたね

    通しでみるとラウンド右が長いと(はまり)110程度
    調子悪いと106程度でしたね
    時短駆け抜けでリーチ長いとラウンド155とかとれてるのも衝撃でした(^_-)こーゆー機種が
    またでてくれれば楽なんですけどね

  2. はくなん より:

    僕も甘はめっちゃ打ちましたね〜
    最近は打ってないですが結構稼がせてもらいました
    この機種で1番驚いたのは1パチで時給1500円の台を見つけた事でしたねw

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

相互RSS

このページの先頭へ