営業形態 店舗ルール による立ち回りのメリットデメリット!

ランキングに参加していますので、下記の画像をクリックしていただけると大変喜びます(*^^*)

どうか応援よろしくお願いします<m(__)m>

みなさまのクリックが僕たちのやる気の源になります!!

にほんブログ村 スロットブログへ

(U´・ェ・)<ペタジーニです☆

 

地域によって営業時間や主流の換金率、遊技ルール等が異なりますが、

結局のところ、どのような地域が稼動しやすいのか!?

私ペタジーニなりに考察してみたいと思います☆

 

まず、稼働スタイルによって立ち回りやすい地域立ち回りにくい地域はあると思います。

スロット天井狙い(期待値稼働)では等価交換の多い地域で

繁華街のホール密集地域が客滞率も低くなり優位ではないかと思います。

そういった地域はライバルもめちゃくちゃ多い可能性が高いですが(-_-;)

私の現在稼働してる地域は期待値稼働には向いてないと思います(._.)

ホール密集地域が少なく非等価地域で大型店は貯玉不可の店舗がほとんどですからね(._.)

かに歩きでガックン見るの禁止だったり、ハイエナ禁止(基準は分かりません)て店も聞いたことあります(笑)

 

 

設定狙いに関しては自分がどれだけ高確率で高いスペックの台を掴めるか なので

平均設定や設定6の量などよりは自分がどれだけ一般客やライバルより有利な環境を作れるかですよね☆

 

しかし設定が全く入らない、入る頻度が少なすぎることにはどうしようもないですが…。

観察力・情報収集・閃き・店回りの努力です。

前日から95%以上に当たり台(5か6)を絞れる状況な店も過去に何店舗かありましたからね(^^)

 

さて、現在立ち回りのメインとなってるパチンコですが、

大きく分けて技術介入OK店と介入NG店、 換金ギャップある店とない店、どちらにもメリットはありますね☆

技術介入ありの店では電サポ中の止め打ちや捻り打ち等で一般のお客と大きく差をつけれます

介入なしの店ではプロが少ない店が多く介入なし前提の調整なので釘が甘いことが多いです

通常時の打ち方やストローク、ささやかな技術介入(ラウンド中にハンドル少し動かす等)で差をつけます。

 

換金ギャップについてはどうでしょうか!?

現金の店だと長時間稼働や持ち玉共有で一般のお客と大きく差がつけれるのですが、

持ち玉ありで途中でやめたり合間稼働すると期待値大きく下がります↘

換金ギャップなしでは稼働時間関係なく打てますので

スロットやせどりとの組み合わせもしやすく会社勤めの方も利用しやすい営業形態ですね( ・∇・)

等価だと1玉の価値が高いので技術や台選びの差が大きくなりますね☆

 

メリットデメリットありましたが、

パチに関しては非等価介入OK店が私的には1番やりやすいのかなと思います☆

他の地域の方々の意見や感想などあれば聞いてみたいです、よろしくお願いします☆

今回はここまでです、ありがとうございました(*^^*)


にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

 

応援よろしくお願いします!!

 

 

 

本日もご愛読ありがとうございました☆

応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ

質問、お待ちしております!!
yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

ドシドシお待ちしております(^-^
-スポンサードリンク-

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

相互RSS

このページの先頭へ