他の専業さんとのおはなし~まどマギの6、いらないってよ~

ランキングに参加していますので、下記の画像をクリックしていただけると大変喜びます(*^^*)

どうか応援よろしくお願いします<m(__)m>

みなさまのクリックが僕たちのやる気の源になります!!

にほんブログ村 スロットブログへ

 

 

登場人物

・ポム



皆さんご存知、ポム。

Twitterもやってるみたいです。

 

・もっさん



知り合いの専業さん。通称もっさん

簡単な特徴として、

基本的にハイエナメイン、たまに特定日に設定狙い。

得意技はコーヒーの差し入れ。

 

 

これはとある日の出来事を綴った

物語である。

 

 

人によってさまざま

 

この日、T店の特定日。

各機種に設定6が複数使われるようなニュアンス。

そんな中、ポム

初代まどかマギカに座ることが出来た。

 

しばらく、打ち込む過程で、設定6を確信。

まどマギは2台設定6がありそうだったのですが、

もう1台、直撃1回と杏子止まりが1回

状況的にもこれが当たりで間違いない!!

という台が空き台に。

 

ライバルもいなかったので

もっさんに打つか聞いてみることに。

 

 

「まどマギの6ぽいの空いたけど

打ちますか~??」

「いやぁ、まどマギは大丈夫っす!!」

 

ポムは不思議であった。

なぜこの状況で手が空いてて

打たないのだろう、と。

 

何か理由があるのだろうか。

もっさんに凱旋の700ハマりを教えれば

間違いなく飛びついて打つ。

そして、コーヒーをもれなく持ってくる。

ハーデスの1000ハマりを教えたときは

わざわざコーヒーガールを呼んでまで

飲み物をおごってくれた。

 

 

1,単純に信頼されてないパターン

 

こいつはわざと俺に低設定を打たせて

ハメようとしてるんじゃないか

と思われてるパターン。

単純に信頼されてないパターンですね。

こいつが設定6と言っても

うその可能性がある!!!!

とか、思われてたら嫌だなぁ。

ゲーム数狙いや天井狙いは

期待値が目に見えるので

確実といえば確実ですがね。

 

 

2,もっさん極度のまどマギ嫌いパターン

 

実はもっさん

まどマギめちゃくちゃ嫌い

死んでも設定6でも打ちたくない!!

というパターン。

 

こればっかりは仕方ない。

もしもっさんがこの記事読んでたら

僕はまどマギ大っ嫌いです!!

と、報告ください。

 

 

3,普通に用事があったパターン

 

まぁ、もっさんも人ですから。

何かしら用事があったかもしれません。

家族とご飯に行く…

キャバクラに行く…

相席屋に行く…

ガールズバーに行く…

 

用事も優先度も人それぞれですから。

まどマギの設定6よりも優先しべき

用事ならそりゃあ仕方ない。

 

 

あくまでもポムは

 

もし台を譲るようなことがあっても

99%設定6だ!!

というくらいの状況でないと

教えることはないです。

もし教えた台が設定6じゃなかったとき

それで失う信頼のほうが

よっぽど怖いですから

 

もっさん、もし疑ってたなら

安心してください。



 

そんなある日の出来事を綴ってみた

福田ポムでした!!

 

 

本日もご愛読ありがとうございました☆

応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ

質問、お待ちしております!!
yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

ドシドシお待ちしております(^-^
-スポンサードリンク-

2 Responses to “他の専業さんとのおはなし~まどマギの6、いらないってよ~”

  1. まっそー より:

    せっかくなので一度もっさんと飲みに行ってきて下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

相互RSS

このページの先頭へ