【北斗の拳-強敵-】設定狙いの攻め方☆高設定を捨てないためのポイントまとめ


スロットランキングに参加しているので、みなさまのクリックが僕のやる気の源になります!!

どうか応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

yu-yaです!!

今回の記事では僕の大量実践から(と言ってもまだ6万ゲームくらい)気付いたポイント、「北斗-強敵-」の設定看破のやり方などをお伝えしようと思います(^.^)

 

それではご覧ください☆

 

重要な設定看破要素はコチラから。

➡すろぱちくえすと(北斗の拳強敵 設定推測要素の全まとめ)

 

僕が重要視しているポイントは以下の通り

・AT後のモード移行率

・弱チェリー&弱チャンス目からのCZ

・小役確率

・バトル高確スタート

 では順に解説していきます(^^

 

AT後のモード移行率

ここが最重要項目と言っても過言ではないです。

それぐらい大きな設定差があります。

設定1で1/8設定6なら約1/2.8ですからね(^-^;

AT終了後は高確滞在に期待!!

 

dRses79yK5TxNER1444598366_1444598379

上記の写真の赤丸で囲まれたロゴ「が表示されている間は引き戻しゾーン中なのでレア小役成立に期待!!

ハート<シュウ<ジャギ<ケンシロウ

の順に引き戻し率アップ?!

 

これはあくまで推測ポイントですが、ステージによって小役成立時の引き戻し確率が変わる??

*中段チェリーや強チャンス目でも引き戻し確定ではありません!!

(実践で強スイカ→中段チェリーと引いて何もなかった笑)

 

このロゴは3回ベルをこぼしたら消えます(多分)

で、その後のステージや挙動に注目です!!

基本的にはステージチェンジの法則にしたがって移行します。

ジャギに移行しても数ゲームですぐにハートにステージ移行というパターンも何回も出現していますし、フェイクジャギも何度も確認しているので、注目ポイントはやはりその後の挙動になります(^^

とは言ってもジャギステージ移行はそんなに見ないので、ジャギステージ移行で高確スタートの期待度大幅アップ、その後の挙動に期待ですね(・∀・)

逆にハートやシュウステージでも高確の可能性は残っています(^^

 

高確示唆演出に注目

モード移行を完璧に見抜くのは困難ですが、少しでも精度をあげるために、高確示唆演出を覚えておきましょう(^-^)

 

≪出現で高確超濃厚≫(訂正)

・ランプ矛盾(確定)

・大オーラ(青は高確確定。白、黄色もほぼ高確濃厚?!)➡後日、青と黄色は確定、白は通常での出るものの、高確濃厚と判明しました。

・ジャギステージ固有演出「凶悪なるまなざし」レア小役否定(おそらく高確確定です)

・断末魔赤文字(確定)

・キャラセリフ赤文字で前兆否定

・ステチェン時の稲妻が大以上➡後日通常以上で出現することが判明しました。

 

≪キャラアクション系≫

基本的には発生のタイミングが遅れるほど期待度アップ!!(第三停止>第二停止>レバーオン>第一停止の順に期待度アップ)

バットは組み合わせに注目!!第三×缶3つなら期待度アップ!!

リンはタイミングとアクションに注目!!第三×転ぶなら期待度アップ!!

 

≪その他発生でチャンス≫

・ステージ固有演出(ハート「特異なる肉体」シュウ「狂乱の南斗」ユダ「美と知略の星」)でレア役否定

・マミヤ同行(レイより期待度アップ??レイ、マミヤのアクション発生で更に期待度アップ)

・セリフ青文字

・通行人第三停止で服脱げ

・ケンシロウのオーラが第二停止以降で色変化

 

 単純にAT後のモード移行が初当たり確率に大きな影響を与えています。

単純計算で、AT直後に高確から早い当たりが起こる確率は…

 

設定1で1/936.96

設定6で1/254.6

 

こうなりました!!

すごい大きな差があります!!

*高確スタートの割合と、高確中の実質AT当選確率を考慮したもの

 

設定6の初当たり確率が高いのはここの影響が大きいです。

逆に低設定は高確スタートの恩恵をほとんど受けられない設定ということになります(^^;

いかにこの高確スタートの存在が大きいかがお分かりいただけると思います!!(^^

 

弱チェリー&弱チャンス目からのCZ当選率

ここにも大きな設定差がついていますが、なかなか突入契機を断定できなかったり、サンプルが取りづらかったりで、そこまであてになる推測要素にはなりません。

ですが、序盤で複数回確実な当選が確認できたりすれば、強い後押しになってくれるのは間違いないですね(・∀・)

 

まずは実質設定差から確認していきましょう。

≪弱チェリー&弱チャンス目からの実質CZ当選確率≫

設定 実質確率
1~3 1/7807.69
4 1/3903.84
5 1/2602.56
6 1/1945.68

 

1日打てば、設定56なら平均2回くらいはこの弱チャンス目&弱チェリーからのCZ当選に期待できますね(^-^

低設定でも1日打てば1回くらいは確認できる数字なので、これだけで設定を判断するのは危険です。

 

また、七星ランプでの当選との混合に注意が必要です!!

sIfS12skJn_8x7U1443331220_1443331260

 

CZは、北斗カウンターが0になった瞬間からベル成立時の役1/3で発動抽選していますが、この七星ランプ点灯時に弱チェリー&弱チャンス目からのCZ抽選に当選していれば、一旦内部的にストックします。

その後北斗カウンターが0になり、発動条件を満たせば発動しますが、七星ランプでの抽選とあわせて複数ストックする場合があります。

この場合はCZが終了して、再度すぐにCZが発動します。

おそらく七星ランプでの抽選は1回きりなので、CZが複数出てきた時点で「弱チェリー&弱チャンス目からのCZ当選」がほぼ濃厚になります!!

これは他人の台の挙動を確認したい時に便利ですね(^^

周りの台で連続でCZが発動している台があれば、ここでの当選がほぼ濃厚です。

*あくまで実践結果です

 

小役確率

設定推測の基本中の基本ですね(^^

毎ゲームサンプルが取れるというのが最大の強みです。

完全ハズレはカウントするかしないかで賛否両論分かれそうですが…

 

僕は絶対した方が良いと思います。

 

まず、通常の4役合算の設定差は設定1-6で1.14倍ほどの差(割合)があります。

完全ハズレは設定1-6で1.09倍ほどの差があります。

 

小役の設定差が大きい、小さいは、設定1と6でどれくらい割合に差が付いているかどれだけサンプルが取りやすいかが重要です。

確率はサンプル(試行回数)を増やせば増やすほど精度が増すのが基本ですので、このサンプルがどれくらい集められるかもかなり重要になってきますね(^-^

どれだけ大きな設定差が付いていても、サンプルが取れなければ意味がないですからね(^-^;

そういった意味ではこの4役合算の小役確率も、完全ハズレの確率も、カウントする意味はあります。

 

1日打てば4役合算のサンプルは120-150個ほどサンプルが取れるのに対して、完全ハズレは230-250個ほど取ることができます。

1日打っても設定1と6で20個ほどしか差がつきませんが、カウントする意味がないと言うことはないと思います。

4役合算でも20-30個ほどしか差がつきませんからね。

 

ちなみにバジリスク絆の弱チェリーは設定差1と6で1.12倍ほどの差があります。

この絆のチェリーと北斗の完全ハズレは、差の割合や1日打って取れるサンプル個数などを考慮するとかなり近いモノがあります。

絆のチェリーはカウントするのに北斗のハズレはカウントしない…は少し矛盾している気がしますね。

推測要素としてはどちらも設定差が小さいですが、サンプルがたくさん取れるので意味がないことはないです。

 

手順がめんどくさい(逆押しがめんどくさい)と言う方は、通常時は準押ししましょう(^^)

準押しでも中段ラインにベル、ベル、JACが並ぶと完全ハズレです。適当押しでも完全ハズレは必ず中段にベル、ベル、JACとなります。

演出が起こった時にだけ逆押しすれば、めんどくささは解消できるかなと思います(^^

 

小役確率は設定差が小さいので、序盤で「確率が悪いから」と言って判断してしまうのは危険です!!

例えば2500回転回して4役合算の小役確率が1ぐらいだったら個数にして38個です。

設定6ぐらいの確率で引いたとしたら、44個ほどです。

差が6個しかありません。

これだけで判断するのは危険と思いませんか??

 

ここに完全ハズレもカウントできていれば、2倍の推測が可能になりますね(^^

 

どちらにしても序盤は小役確率だけをあてにするのは危険な判断と言えます。

 

バトル高確スタート

設定1と設定6で10%-20%の差があります。

これは僕の実践からの推測ですが、実践上AT開始直後に煽りがくれば100%で上乗せバトルにいっているので、このバトル高確は、内部的に高確でも「上乗せバトルに当選」しなければ、高確スタートだったかどうかは見分けがつかないと思います。

9H_XxzOaq6v8TDx1443295855_1443295872

なので、参考程度にとらえておきましょう(^-^)

早い段階で複数回確認できれば期待度アップ程度にとどめておくのが良いですね☆

 

≪まとめ≫

・最重要視はAT後のモード移行率

・設定6の最大の恩恵はここにあり

・CZ当選は複数発動で弱チェ&弱チャンス目からの当選濃厚

・完全ハズレはカウントする意味あり

・バトル高確は内部的に上乗せバトルに当選しなければ、高確スタートだったかどうかは分からない?!

 

 以上になります(^^

AT中の演出関連の解析が進んできて、面白いなぁと思うことが更に多くなってきました(´・ω・`)

作り込み具合が、さすが北斗って感じです(・∀・)

この先も打ち込んでいきますよ~(*^^*)

 

本日もご愛読ありがとうございました☆

応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

質問、お待ちしております!!

yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

 

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

 

ドシドシお待ちしております(^-^

 

★メルマガ公開のお知らせ★

 登録はこちらから☆

スロ☆パチ錬金術メルマガ

僕たちのマインドの全てを公開します(^-^

登録は無料なのでぜひ登録いただければありがたいです☆

 

 

-スポンサードリンク-

8 Responses to “【北斗の拳-強敵-】設定狙いの攻め方☆高設定を捨てないためのポイントまとめ”

  1. たれめると より:

    やはりSammyも北斗には力を入れているのですね。
    演出面や高設定推測ポイントは、初代に似ている印象ですねー!
    私もじっくり腰を据えて打ち込みたいです!

    • yu-ya より:

      コメントありがとうございます!!(*^^*)

      サミーは北斗の「伝統」をちゃんと残していますよねー(^^

      僕はすでになかなか打ち込んでいますが…
      一筋縄ではいかないです(´・ω・`)

  2. たか氏 より:

    こんにちは、初めまして(^^)

    よく参考にさせてもらっています(^^)

    AT始まって即黒ザコ煽りからレイ乱入
    バトル発展なし経験しましたよ!

    • yu-ya より:

      こんにちは!!
      コメントありがとうございます(^-^

      これは完全ハズレなどで高確に移行したパターンではないでしょうか??

      僕の実践上は13回以上CAT開始直後からバトル高確示唆がきて、全てバトルに繋がっているので(^-^;

      設定1でも10%バトル高確スタートがあるのに、(ましてや確定台を回しているゲーム数の方が多いのに)
      開始直後の高確示唆がかなり少ないのがひっかかりまして…


      でもたか氏様が経験されたのでハズレはするようですね(^-^
      わざわざ報告ありがとうございます(^-^

      • たか氏 より:

        AT開始から1ゲーム目押し順黄ザコナビ
        2ゲーム目押し順黒ザコナビからレイ乱入なので
        開始時高確だと思いますよ!

        僕は8回くらい高確スタートでこの時以外全部バトルにつながっています。
        あまり確率は高くなさそうですね!

        • yu-ya より:

          お疲れ様です!!
          ちょうど今日レイ同行からガセりました笑

          確率は低そうですね(^-^

          ありがとうございました(^-^

  3. マッキー より:

    とても分かりやすく書かれていますね

    明日、ビックマーチ宇都宮店で実践しますので参考にさせていただきます(^○^)

    • yu-ya より:

      コメントありがとうございます(^-^

      こんな展開はまれだとは思いますけどねー(^-^;
      設定6確定台でも同じような展開になったこともあるので、4スルー5スルーしたから設定6の可能性は低くなるとは全く言えないです。

      明日の実践頑張ってくださいね(^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

相互RSS

このページの先頭へ