スロットで勝つ!! 基礎編 その1


このシリーズではスロットで勝つためのノウハウを公開していこうと思います。

 

まず一回目は

「お店を把握する」

 

このテーマでいきたいと思います。

 

設定狙い然り、パチンコ然り、天井狙い然り

何においても「お店を知る」とは基本中の基本です。

 

そのお店がどういった特徴(クセ)をもっているかを把握できるかできないかで

パチンコ・スロットの収支は月とすっぽんです。

ではクセとは具体的にどのようなものがあるでしょうか?

 

・リセット状況

朝のリールに7をそろえている店舗は全リセしていない可能性が高いです。

また、リセットにはパターンが存在するのでそこの把握が重要です。

特定機種だけ全部リセット、設定の上げ下げだけリセット

ハマリ台だけリセット(店によっては特定ゲーム数をこえていたらリセット…等もある)

天井の恩恵が強い機種だけリセット…などなど

いくつかパターンが存在するお店が多いです。

 

バラエティーや少数機種までリセットしてくるホールは全機種全リセの可能性が高いです。

イベントの時や設定を入れる時だけ全リセしてくるホールも多いので

普段据え置きの機種がリセットかかっているときは設定が入っている合図かもしれません。

 

・設定配分

メリハリ型…1or56  設定推測はしやすい部類

偶数ベース型…下に2を使われるのでやっかい。「バジリスク絆」などの奇偶がはっきり分かれる機種に多い。

平均設定高めの遊ばせる配分型…234ベース。「ジャグラー」などに多い。個々の台の看破はほぼ不可能。

全台系…全456 全56など。見た目での出玉感が欲しい時に多用。

半分系…半456 半6など。

 

これはかなり重要なポイントです。

ここを把握できないと設定狙いの勝負は厳しいです。

設定を狙いに行くうえではメリハリ型の配分が一番望ましいです。

下にほぼ1しか使わない店だと把握していれば

偶数挙動するだけでかなりのプラス要素となります。

挙動も良い挙動が数回でただけで安心できる展開になることもあります。

 

これが逆に平均設定が高めの配分であれば、個々の台の看破は相当難しくなります。

看破するのに最低半日はかかりそうです。

ベース3のジャグラーのシマで2台当たり(仮に設定6)があると言われても

看破するのは相当難しいです。

よっぽど飛びぬけた挙動をしない限りなかなか確信できません。

 

メリハリ型のホールで全56があるとなれば

発見するのはそう難しくはないですが

平均設定高めの配分の店で全56の機種を探すのはとても困難です。

 

このホールはジャグラーはベース3ぐらい

このホールの絆は偶数ベース

番長は半分くらいしかリセットが入らない

少数機種には設定が入らない

特定日は〇機種に〇台56がある

 

などなど

お店ごとに必ず特徴があるのでそこを把握しましょう。

 

・リセットパターン

・7揃い

・リセット台だけ数回転回す

・全リセ

・全機種数回転回す …など

 

リセット機種だけ数回転回すタイプの店はアツいです。

前日と出目が変わっていたり回転数が上がっていたりして

その台がリセット挙動なら当たり台の可能性が高まります。

(*たまたま何らかの原因で回転数が上がってしまったことも考えられます)

 

7揃いのお店は全リセじゃない可能性が高まります。

バラケ目のお店はガックンによる設定変更判別が有効です。

(前日、掃除の際にリールにあたってぶれる可能性もあり)

 

まだまだ書き足りないこともありますがとりあえず第一回目はこの辺りで終わりにします。

 

質問、お待ちしております!!

yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

 

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

 

ドシドシお待ちしております(^-^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スポンサードリンク-

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

相互RSS

このページの先頭へ