北斗の拳6 実践から考える換金ギャップの捉え方2

ランキングに参加していますので、下記の画像をクリックしていただけると大変喜びます(*^^*)

どうか応援よろしくお願いします<m(__)m>

みなさまのクリックが僕たちのやる気の源になります!!

にほんブログ村 スロットブログへ


どうも(^-^

ペタジーニです(・∀・)

 

本日も北斗の拳を実践してまいりました!!

まずは本日の結果から報告します。

 

機種:CR北斗の拳6

稼働時間:6時間15分

通常総回転数:1369回転

1000円あたりの回転率:22.1

投資:39000円

換金:0玉

仕事量:+6732円

収支:-39000円

 

前日と比較してみます。

換金率:同じ

機種:同じ

1000円当たりの回転率:ほぼ同じ

通常総回転数:前日より150回転ほど少ない

仕事量:前日17253円 本日6732円

前日に比べて本日の方が10000円以上少ないです。

 

なぜ??

 

答えは投資額が違うからです。

昨日→1人あたり3250円

本日→39000円

その差は35750円

 

3円交換(正確には3.0303円交換)なので、現金で1000円使うごとに約242円の換金ギャップが発生します!!

よって仕事量(期待収支)が下がってしまったのです(´Д`)

 

例えば3円交換のお店で玉貸しボタンを10000円分押してたくさん玉を出して

そのまま交換すると約2420円お店の利益になります。

3円交換のお店では換金ギャップの幅が大きいです。

なので、換金ギャップのあるお店では持ち玉と残り時間との兼ね合いで店移動または撤収となることもあります。

 

本日は昨日とは別のお店での稼働となりました。

 

交換率は3円交換、貯玉再プレーなし、出玉共有二人まで、

技術介入(電サポ中止め打ち、捻り打ち)のやりすぎ注意、といったお店です。

お店ごとの特徴を押さえておくのも最重要項目の一つですね☆

 

入店してスロットコーナーを1周してから北斗コーナーへ。

ヘソを見ると以前稼働した時(1週間ほど前)より少しだけ狭くなっています。

北斗かエヴァで迷いましたが北斗をやってみます!!

ヘソが少し締められているとは言え、昨日の北斗(北斗の拳6 実践から考える換金ギャップの捉え方1 )と比べると広いです。

しかし玉寄りが良くなさそうです。

ヘソに到達する玉を減らし回転率を調節するのも店側がよく使う手法です。

パチンコはヘソ以外のほとんどの釘が回転率に影響されるので、ヘソだけでなくトータルで見てどうか判断します。

ヘソが少ししまったことにより以前の稼働の際に打った台では回転率が足りないと予想し、寄りメインで以前とは違う台を選び打ってみました。

 

北斗 1台目

通常回転数:710回転

1000円あたりの回転率:22.0

 

北斗2台目

通常回転数:654

1000円あたりの回転率:22.1

 

うーん、弱いですね(^^;

出玉もなく夕方前に撤収しました。

時間があるので他店の様子を見に行きたいところですが現在車が使えないので帰宅します(T_T)

 

出玉共有に条件ができたみたいで

『家族、兄弟、恋人』以外は共有不可になったみたいです( ゚Д゚)

一時的なプロ対策だといいんですが…

2015012216270000.jpg

 

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

 ワンプッシュー!!

 

 

本日もご愛読ありがとうございました☆

応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ

質問、お待ちしております!!
yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

ドシドシお待ちしております(^-^
-スポンサードリンク-

2 Responses to “北斗の拳6 実践から考える換金ギャップの捉え方2”

  1. みらい より:

    はじめまして^^

    『家族、兄弟、恋人』以外は共有不可なんてルールもあるんですね。笑
    この辺も地域によって色々違うので面白いです。
    データの取り方も丁寧で参考になります。
    これからも参考にしますね^^

  2. ペタジーニ より:

    みらいさん 初めまして☆
    店舗内ではハウスルールが全て!ですから変わったルールもありますよね。

    実は同店、サポ中の止め打ちもですがリーチ中以外の保留3止め禁止といった変わったルールもあるんですよね(・_・;

    共有への警戒が強く止め打ちに関しては警戒緩めなのでギリギリのラインを探りながらの稼働ですね〜

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

相互RSS

このページの先頭へ