追想編35-広告規制

ランキングに参加していますので、下記の画像をクリックしていただけると大変喜びます(*^^*)

どうか応援よろしくお願いします<m(__)m>

みなさまのクリックが僕たちのやる気の源になります!!

にほんブログ村 スロットブログへ


 

yu-yaです。

前回のお話の続きはこちら➡(追想編34-一夏の幸福)

 

この夏

僕は今まで苦しかった借金生活の中で、一番最高で楽しい時間を過ごすことができました。

 

お金があることの幸せと心のゆとり。

それらを僕は痛感していました。

お金がなくても幸せだ、なんて

僕には言えませんでした。

 

 

この調子で全てが順調にいくと思っていました。

 

しかし…

 

沖縄から帰ってきた直後、業界を揺るがす想定外の出来事が起こります。

 この出来事によって、僕を取り巻く環境も大きく変化していくのでした。

 

追想編35-広告規制

業界を揺るがす想定外の出来事…

それは、「広告規制」と呼ばれる規制でした。

広告規制とは、簡単に言うと「イベント規制」。

これまでのパチンコ屋のスタイルは、集客するために、メールで台番を発表したり、設定を公表したり、イベントをやりたい放題でしたが、店側のそのような露骨な煽りが客側の「射幸心」を必要以上に煽るとして、規制されたのでした。

 

これにより、ホール側はイベント告知を行えなくなりました。

 

イベントを行えないということは、どこのホールに行けば良いかわからなくなります。

そして、「設定発表」のようなことをメールや店内で行っていたホールも、それができなくなりました。

つまり、打ち手は完全に「どこで何を打てば良いか分からない」状態に陥ります。

 

今のようなスキルや知識があれば、ある程度は戦えたでしょう。

ですが、当時は「ようやくスロットのイロハが分かりだした」状態だったので、その僕からすれば相当なダメージでした。

 

これまで定期的に通っていたホールも、イベント規制直後は、昔の名残で特定日などには設定を使っていました。

しかし、次第に客が離れていき、打ち手側も店側が設定を本当に使っているのかと言う疑心暗鬼状態に陥り、その客離れによってホールは設定を使えなくなると言う悪循環に陥りました。

 

何より一番痛かったのは、その規制直後に、「喰えていたあのホール」が使えなくなったことでした。

規制の影響なのか、または上の人間がかわったのか、その本当の理由はわかりませんでしたが、とにかく今までのように設定を掴むことはできなくなりました。

 

この規制の影響で、スロット離れした客やプロの方も多かったと聞きます。

実際、見かけなくなった顔見知りのプロの方は何人かいましたし、「センセイ」も、パチンコメインに稼働を切り替えて凌がれていました。

 

しかし、僕はパチンコを打てる技術もなかったうえに、そんなにこの事態を重くみていなかったので、「なんとかなるだろう」と楽観視していました。

まだまだ借金は残っていたので、僕には「やめる」と言う選択肢は全くありませんでした。

 

ペタジーニも、そこまで専業歴が長かったわけでもなく、「状況が甘いお店故に上手くみえた」だけであって、一人で切り開いてく力はありませんでした。

そこで、僕とペタジーニは「協力」して、この状況を打開しようと言う話に。

 

例の喰えていたホールで、三人組の誰かが休んだり、ペタジーニ一人稼働の時は一緒にノリ打ちしましたし、他の店舗での稼働の時もノリ打ちしたりしました。

家がとても近かったこともあり、ご飯もよく一緒に食べましたし、この頃の僕たちは相当仲良くなっていました。

なので、この状況は二人で打開しようと言うことになりました。

今思うと、この時に僕とペタジーニの「相棒関係」はスタートしました。

 

二人ともそこまで歴が長かったわけでもなく、バリバリ立ち回れる技術や知識があったわけでもないので、当然収支は伸び悩みました。

ほんの数か月前までは、設定56をバシバシツモれていたのに、それが全くできない状況。

 

どこの店でどんな設定が使われているのか

どこの店がどんなイベントをしているのか

 

当時は二人とも車がなかったので、行ける範囲も限られていましたし、結局は似たような立ち回りばかりになってしまい、収支は一向にあがりませんでした。

苦し紛れにパチンコを打ったりもしましたが、しっかり理論を理解して打っていたわけではないので、それ一本で立ち回ることは不可能でした。

少し余裕の出始めた僕の経済状況も、少しづつ雲行きが怪しくなり出しました。

何とか凌いではいましたが、一か月で収支がほとんど上がらない月も出てきて、徐々にお金も苦しくなってきました。

 

そんな時、この業界の「救世主」とも呼べる機種の登場によって、流れが一変します。

その機種とは「北斗の拳-世紀末救世主伝説-」。

4号機時代、爆発的に人気がでた機種の後継機です。

なお、その数か月前には「押忍!番長2」がリリースされていました。

 

どちらの機種も、4号機時代に爆発的に人気があった機種で、その2機種の登場により、「5号機離れ」していたユーザーが一気に戻ってきました。

僕も4号機時代、どちらの機種もそれなりに打ちました。

特に「押忍!番長2」は大好きな機種だったので、個人的にもすごくうれしかったのを覚えています。

 

新台で連日「立ち見客」が出来る光景は、今ではほとんどみることが出来ませんが、この2機種にはその「立ち見客」が出来るぐらい人気がありました。

ホールは一時的に、かつてほどではないにしても、活気を取り戻しました。

これにより、僕たちの稼働範囲内のホールの設定状況が復活しました。

 

2011年の年末に差し掛かろうと言う頃、僕とペタジーニは「設定変更=ほぼ設定6」、かつほぼ毎日「押忍!番長2」に数台当たりが入っていると言う状況のホールがあることに気が付きます。

そこのホールで連日設定狙いを行い、一月で40-50万近くの収支を残すことに成功しました。

これまで規制がかかってから、ほとんど満足いく収支を残せていなかったので、相当嬉しかったのを覚えています。

 

この2機種の登場によって、「番長2」と「北斗」を大切に扱うホールが増え始めました。

当然、その2機種の扱いが別格だったので、「とりあえず番長か北斗打っておけば良い」と言う、「ある程度の指標」ができ、立ち回りやすくはなりました。

 

こうして、またピンチな状況を打破することができました。

 

その後は可もなく不可もなく、、と言う感じの立ち回りで、なんとか生活することはできていました。

支払いも本当に少しずつですが減っていきました。

 

しかし、2012年の夏前に差し掛かったころ、長くスロットを打っている人間なら誰しもがぶつかる「とある壁」に、僕自身もぶつかることになります。

これまでは、「お金がない」と言うのが僕の最大の敵でしたが、今回の敵は少し違いました。

この「壁」にぶつかったことにより、またしても僕を取り巻く環境は大きく変化していくのでした。

 

 

つづく。

 

 

 

 

 

本日もご愛読ありがとうございました☆

応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ

質問、お待ちしております!!
yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

ドシドシお待ちしております(^-^
-スポンサードリンク-

8 Responses to “追想編35-広告規制”

  1. かず より:

    懐かしの機種名が出る度に当時自分はどの地域でどの様に立ち回っていたか思い出しながら読めるので凄く面白いです( ´ ▽ ` )ノ

    • yu-ya より:

      面白いと言っていただけて嬉しいです☆

      昔に比べると、今は設定狙いで打つ機種が本当にワンパターンになりました(^-^;

  2. うーん より:

    いやー、読みごたえ十分ですね。
    イベント規制は本当に大きな環境な変化でしたねー。
    知り合いの専業(なんちゃっても沢山いましたが)も数多く消えて行きました

    • yu-ya より:

      コメントありがとうございます☆

      僕もその時に消えた方が良かったのかそうじゃないかはわかりません(´・ω・`)笑

  3. くれみす より:

    こんばんは。
    キツい状況でも、二人で力を合わせて、
    という部分になんだか感動してしまいました。

    なんだか、ゴールも見えてきた感じですね。
    次も楽しみにしてます♪

    • yu-ya より:

      最初は、マインドや期待値に関する考え方をペタジーニから学ぶ機会が多かったです(^-^

      完結までまだ少し時間がかかりますが、もう少しお付き合いください(・∀・)

  4. らっしゃー より:

    世紀末救世主や番長2は僕がスロットを始めるきっかけになった機種なので凄く懐かしさを感じながら読んじゃいました‼︎
    続きが気になるので次も楽しみにしてます‼︎

    • yu-ya より:

      コメントありがとうございます(^-^

      この二機種が登場したことにより、ホールに戻ってくるお客さんも増えました☆
      個人的には番長はたくさん打っていい思いもしましたが、北斗は6でも何度も苦しめられ、良い思いでがあまりありません(:_;)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

相互RSS

このページの先頭へ