追想編44-エピローグ

ランキングに参加していますので、下記の画像をクリックしていただけると大変喜びます(*^^*)

どうか応援よろしくお願いします<m(__)m>

みなさまのクリックが僕たちのやる気の源になります!!

にほんブログ村 スロットブログへ


 

yu-yaです。

前回のお話の続きはコチラ➡(追想編43-結末)

 

僕は彼女に対してひどいことをしてきましたし、付き合っていた期間の後半は彼女のことを大切にしてきた自負がありますが、最初の頃はとてもそう言い切る自信はありません。

なので、この結末をとやかく言う資格は僕にはないと思います。

自業自得ということを強く感じ、この結果を重く受け止めました。

 

 

僕は、心の奥に、すべてをそっとしまい込みました。

 

追想編44-エピローグ

 「因果応報」という言葉があります。

この言葉は、仏教の教えから来ている言葉だそうですが、その言葉の意味は

 

「良いことをすれば、必ず良い結果が生まれ、悪いことをすれば、必ず悪い結果が生まれる。 行いの善悪に応じて、必ずその報いがあるということ。」

 

だそうです。

 

僕はこの言葉の意味を痛烈にかみしめていました。

 

故意ではないにしても、

「彼女とのはじまり方」と

「彼女との終わり方」を振り返ったとき、とても「偶然」の一言では片付けきれません。

 

大学生時代のツケが回ってき、卒業してからの長い期間、僕は相当苦しめられました。

この追想編では書ききれなかったエピソードがまだまだたくさんあります。

 

今回の「彼女との結末」も、結局は全て自分が蒔いた種です。

ハッピーエンド、とはなりませんでした。

 

 

僕はせどりを通じて様々な人と出会い企業もしました。

人して、勉強と成長に励む日々が続きました。

常に謙虚に生きることを心がけました。

 

僕にも新しい彼女ができ、今は幸せな毎日を送っています。

過去の話を「笑い話」にできるぐらい、心にも余裕ができました。

これも「彼女との5年間」が教えてくれたことです。

 

ネットビジネス業界にも参入し、せっかく培ったこのスキルを活かしたいという思いから、

「スロット」を、よりビジネスとして取り組みたいと思うようになりました。

 

2013年、番長のゾーン狙いから始まったクズ青年の逆襲は

大成功とまでは呼べはしませんが(まだまだ旅の途中です)

当時のことを振り返ると、

よくここまで踏ん張ったなぁと、少しだけ、ほんの少しだけ自分で関心することがあります。

 

まぁ、それもこれも、「彼女」をはじめとする、周りの人々のおかげなのは間違いないんですけどね。

 

人間なので、感情的になったりする場面もありますし、まだまだ至らない部分はたくさんある超未熟者ですが、僕は今も、「感謝」の気持ちを忘れては絶対だめだと、日々言い聞かせております。

 

これは、僕にせどりを教えてくださった「あにまーるさん」という方の教えでもあります。

 

彼女との別れによって、一段と成長させてもらった僕は、それから積極的にせどりやネットビジネスに取り組みました。

そして、次の年の2015年1月、このブログを立ち上げました。

 

それからの活動は、「スロットをより一層ビジネスに」との考えから、一度は離れた「専業生活」へ再び舞い戻り、ブログと並行しながら稼働に力を入れました。

稼働しながらブログをするということは、一人では大変だとわかっていましたし、ブログのパートナーとして「ペタジーニ」を選びました。

彼との付き合いはあれ以降もずっと続いており、家が近くなこともあって、友達というよりは家族に近い感覚でした。

彼への信頼感はゆるぎないものがありますし、それはお互いがそうだとは思いますが、パチンコにチャレンジして一年足らずでそれをモノにした彼のスキルにも魅力がありました。

パートナーに彼を選ばない理由がありませんでした。

 

設定狙いは、最初こそ少しだけ苦戦しましたが、すぐに結果がでました。

 

専業という生活は、人に威張れるものではないですし、現状、何も社会に貢献できていないでしょう。

しかし僕は、「ただの専業生活だけでは終わりたくない」という気持ちを常に持ってここまできました。

組織化へ踏み出した理由も、そこの部分が大きいです。

やるなら本気で、よりビジネスらしく、そしてスロット・パチンコだけの枠に収まらずその先を見て、組織化の道を選びました。

 

ブログをはじめてからの活動は、みなさまがこのブログを読んでくださって知っている通りの活動でございます。

 

 

 

自分で決めて歩んできたこの波乱万丈な人生。

苦しく、辛いことの方が多かったです。

色んな人に迷惑をかけ、傷つけてきました。

 

ですが

「人生は一度きり」

 

「生きていれば、楽しいことが必ず待っている」

「明日を生きたくても生きられない人たちもたくさんいる」

 

そう心に刻み込んでここまで生きてきました。

 

僕はもう、昔のように、投げやりになったり、後ろを振り返ることはしません。

 

あの苦しかった時の経験を活かして

好きなことを

全力で取り組もうと

そう思いました。

 

僕みたいなクズが

更生できたかどうかはわかりませんが

一応まともに生きられるようになりました。

 

この先どうなるかなんかは誰にもわかりませんが

こうして命を与えてもらった以上、一生懸命生きていきたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

これにて僕の追想編はいったん終わりです!

 

 

長い間

僕のくだらない追想編にお付き合いいただきありがとうござましたm(__)m

 

世の中にはもっと波乱万丈な人生を送ってこられた方々がいます。

もっともっと苦労してきた方もいると思います。

 

僕なんかが偉そうに言える立場ではありませんが

ちょっとしたことで

「自分はついていない」「不幸だ」「なんで自分だけが…」「もう死んでしまいたい」

なんて思わないでください。

 

この追想編を通して

僕の滑稽な過去や

バカな行動を読んで笑っていただけたり

何かメッセージを感じ取っていただければ幸いです。

 

ご愛読ありがとうございました。

 

 

それでは本日はここまで☆

 

 

 

 

 

本日もご愛読ありがとうございました☆

応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ

質問、お待ちしております!!
yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

ドシドシお待ちしております(^-^
-スポンサードリンク-

22 Responses to “追想編44-エピローグ”

  1. yu-ki より:

    面白かったです!
    個人的には絆の記事と同じくらい楽しみにしてました(^_^;

    なかなか濃厚な人生送ってますねー

    多分僕の方が年上やと思いますけど
    この追想編で良い刺激をもらえた気がします‼

    引き続き頑張って下さい!


    これからはペタジーニさんの追想編を楽しみにしときます‼

    • yu-ya より:

      コメントありがとうございます☆

      おかげさまで、人が経験しないようなことまでさせていただいてきました(^-^
      おかげで今の僕があると思っております!

      いつも応援本当にありがとうございます!

  2. かおりん より:

    お疲れ様でした\(^o^)/
    なんだか、小説かなにかを一冊読み終えた感じです(笑)
    文章も読みやすいし、夢中になっちゃいました(*^^*)
    ちょっと寂しい気もしますが、これからも引き続きブログがんばってください。

    ところですいませんが、今朝一個前の追想編のコメント欄に質問のせちゃいました( ゜o゜)

    お時間あればお答えお願いします(⌒0⌒)/~~

    • yu-ya より:

      いつもコメントありがとうございます☆

      追想編は終わっちゃいましたが、引き続きブログの方よろしくおねがいしますね笑

      質問にはお答えさせていただきました☆

  3. たれめると より:

    お久しぶりです。
    追想編欠かさず読んでましたよ^ ^
    yu-yaさんが今幸せな気持ちでこの結末を迎えられて本当良かったと思います。
    人生、振り返るより前を向いて歩いていくことの大切さを教えて頂いたような気がします。
    それではこれからもブログ楽しみにしています!

    • yu-ya より:

      お久しぶりです(^-^
      いつもありがとうございます☆

      そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします(^-^

  4. さり より:

    波乱に富んだ人生、楽しませていただきました!
    文才感じます。書籍で出せますよw
    絆、赤非当選でツッパったら4?だったみたいで
    激死しました☆*o(≧▽≦)o ☆

    • yu-ya より:

      コメントありがとうございます☆

      文章書くのはキライではないですが、書籍は無理ですね笑

      赤否定は僕もよく騙されます(;´・ω・)

  5. 中の上(あっきー) より:

    自分の赤裸々な話をここまで話せるのは本当にすごいと思います。
    私実は、今この業界で会ってお話してみたい方の1位がyu-yaさんなんです!あ、実際はお会いした事あるんですけれど、その時は気づいていなくて、話せませんでした…ぱぴーさんの大阪夏の陣の時です(^^)
    2位がペタジーニさんとだてめがねさんです!笑
    追想編を読んでみて、もっと会ってみたくなりました(^^)
    yu-yaさんの事、心から応援しております、そして私も自分ののやりたい事を全力でやっていこうと思います!
    意思表明でした( ^ω^ )

    • yu-ya より:

      いつもありがとうございます!

      そしてなんと嬉しいお言葉!!

      と言うか一度お会いしてるんですね(゜_゜)

      1位だなんてとんでもない…
      と言うことは、ペタジーニはいらないと言う認識で良かったでしょうか?笑

  6. 応援してます より:

    お疲れ様でした。楽しみに毎回すぐ読んでました。
    個人的には先生や他の方達のその後的な現在はどーなっているのかなんかも気になりますよねー。
    なんか終わりとなると寂しいですがこのブログそのものが大好きで毎日みていますのでこれからも頑張って下さい!僕も頑張ります!

    • yu-ya より:

      本当にありがたいお言葉です(T_T)

      センセイは今ご結婚されてお子様もいらっしゃいます☆
      たまに休日パチンコされていますね(^-^
      たまに飲みにいったりさせてもらいます♪

      また番外編的なものを書く機会があれば書きたいと思います☆
      その時はよろしくお願いいたします(^-^

  7. ざわわ より:

    続きが気になりすぎて、しょっちゅう見に来ちゃってました!すごく良い話でした!
    お疲れ様でした。
    自分は大学受験も大学4年時の就職活動も上手くいかず、高校の同級生や大学の同級生達にかなり劣等感を感じていた時期があったり、そうなったのは周りのせいと思っていたりとホント根っからのダメ人間だった時期があったので、yu-yaさんの追想編がずっしりと自分の胸に突き刺さる感じがありました笑
    これからも陰ながら応援させて頂きます♪^_^

    • yu-ya より:

      いつもありがとうございます(^-^

      上手くいかない時、他人のせいにしてしまうこと、ありますよね(^-^;
      僕もあります(´・ω・`)
      でも実際はだいたい自分の責任だったりするんですよね(´Д`)

      これからも末永く、どうぞよろしくおねがいいたします(^-^

  8. かず より:

    これは映画化決定ですわ、、、。そしてかなりハードルが上がってしまった感がありますがペタジーニさんの追想編もお願いいたします( ´ ▽ ` )ノ

    • yu-ya より:

      主演は「カイジ役」を熱演した藤原竜也さんにお願いしたいです笑

      ペタジーニの追想編、中途半端で止まってますね~(^-^;

  9. 。。 より:

    お疲れ様でした!

    未来のために過去を振り返らず、前へ進み続ける姿勢はとても素敵です。

    新しい彼女さんや、仲間と共にこれからも頑張って下さい。

    応援しています!

  10. 追想の刻、ついに終わってしまいましたか。

    そして次回から現彼女(蛍火)との争忍の刻が始まるんですね。
    わかります。

  11. はる より:

    初めまして。
    この追想編を数ヶ月前に見て面白くて過去記事から読み直しました。
    人それぞれ、人生色々だなと改めて思いました。
    僕は若い頃は専業と呼ばれている人達が大嫌いでした。
    とりあえず仕事しろよって。
    自分は必死に仕事しても税金税金って持っていかれているのに、ただパチンコスロットの知識があるだけど年間一千万稼いで税金0とか理解出来なかったです。
    自分が選ばなかった道ですから自己責任の話なんですがなんかね・・・
    でも色々な人の話を聞いて見るとスロットで稼ぐ事しか選択出来なかったりする人もいるんだよなー
    って思うようになりました。
    まぁほとんどの人が普通に働きたくないだけなんでしょうけど(笑)
    僕は仕事をして稼ぐ道を選びました。
    後悔はしていません。
    だからスロットやネットで生きて行く道を選んだ人達も後悔と言い訳はしないように頑張ってください。

    • yu-ya より:

      はじめまして!

      専業が嫌いだった方から、こういう意見がいただけて、感謝しております。

      僕も専業になったきっかけは
      「楽したい」「時間が欲しい」「スロットを一生打っていたい」
      などというくだらない理由からでしたが
      時間の経過とともに、これしかないという状況になってきました。

      やるからには徹底的に、とことんやってやると腹をくくってからは結果がでましたが、専業という業種はいばれるものでもないですし、嫌われて当然だと僕は思っております。
      なので、ここでの厳しいコメントなども基本的に僕は全承認しています。

      僕も自分で選んだ道を後悔しておりません。

      倒れてしまうのも破産するのも自己責任。
      その覚悟でこれから生きていきます(^-^


      はるさんも頑張ってくださいね!

      コメントありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

相互RSS

このページの先頭へ