【追想の刻~ペタジーニ編⭐第3話】ダイジョーブ博士との遭遇!?

ランキングに参加していますので、下記の画像をクリックしていただけると大変喜びます(*^^*)

どうか応援よろしくお願いします<m(__)m>

みなさまのクリックが僕たちのやる気の源になります!!

にほんブログ村 スロットブログへ










 

ぺたじーにデス(^ー^)

 

夏真っ盛り!!

 

普段はホールに籠もる生活をしてますが、お盆休みということで外に出る機会もあり夏を感じてます⭐

組織メンバーでバーベキュウをしたり、キャッチボールをしたりダーツをしたり麻雀をしたり(^^)v

普段とは違う1面も見れて、すごく充実して楽しかったです(≧▽≦)

お盆アケからまた頑張っていきましょう!!

 

さて、今回は久々となった『追想の刻~ペタジーニ編』の第3話を⭐

《第2話、少年時代②》(前回記事へのリンク)

 

当時は野球の試合(練習試合)がすごく楽しみでした☆

試合後は、試合結果や打撃成績などを自分でノートに記録していたのを覚えています(U´・ェ・)

そんなある日、ペタジーニ少年に事件が起きます、、、。

はい、前回の話はここまででした。

 

続きをどうぞ~⭐

 

《第3話、ダイジョーブ博士と遭遇!?》

 

平和な中学生活を送っていたある日の朝、目が覚めると体に異変を感じます。。。

 

右肩が上がらないのです!

学校の制服も自分で着れず、母に着せてもらいました。

肩が上がらず右腕を少し動かしただけで痛みが走ります。

 

野球はもちろんできませんし、字を書いたり箸を使うのも肩が痛くて左手でこなしてたのを思い出します。

肩の骨と骨が擦れて痛みが出てたみたいで超痛かったです(>_<)

 

少しずつ痛みはマシにはなりますが半年くらいは辛い日を送りました。

 

そんなある日、街で怪しげな博士と遭遇して付いていくと何やら実験という名の手術をしてもらえるみたいです、、。

手術はせず徐々に回復して日常生活には支障のない程にはなりました。

 

そして3年生になり、『4番 ファースト ペタジーニ』として臨んだ最後の夏の大会(野球)も県大会前に敗退(ToT)

 

野球の強い私学へ行くか近くの公立へ行くか、中学卒業後進路で悩みましたが僕が選んだのは受験勉強を頑張って公立高校へ進む道でした。

プロ野球選手になるという夢を捨てた訳ではありませんが、勉強して大学へ進学して、、という道も視野に将来の選択肢を広げたく思い公立高校への受験を決意します!

僕には兄弟も多く、金銭面の負担を抑えたいという思いもありました。

 

無事受験をクリアして高校生となったペタジーニは勉学・部活(野球)・恋愛(!?)に順風な高校生活を送っていました、、、

しかし1年生の冬、今でも忘れもしない人生で初めてのトンデモナイ出来事に遭遇しました!!

 

今回はここまで~⭐

 

自分で読んでも何を伝えたくて何を描いているのか分からなくなってきますが、引き続き『追想の刻』をやっていこうと思いますので興味のある方は続編も是非お楽しみ下さい(´▽`)ノ

 










 





 



 

本日もご愛読ありがとうございました☆

応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ

質問、お待ちしております!!
yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

ドシドシお待ちしております(^-^
-スポンサードリンク-

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

相互RSS

このページの先頭へ