スロットで勝つ!! 基礎編 その3


yu-yaです。

今日もお付き合いのほどよろしくお願いします(^-^

 

これまで4回にわたって

「スロットで勝つための大切な考え方や知識」を書いてきました。

 

なんとなく伝わっているでしょうか??

そんなこともうわかってるんだよ、と言う方はすでに上級者の方なので

僕の講座は必要ないと思います。

 

本日は基礎編その3

「初めて入ったホールでみるべきポイント」を

お伝えしようと思います。

 

一気に実践に近づきましたね☆

 

まず、初見のホールでおさえておきたい情報を羅列してみます。

 

・リセット状況

・並びか抽選か

・専業の数

・客質レベル

・旧イベント日(特定日)

・設定配分

 

ざっと簡単にあげるだけでもこれだけあります。

 

まずはリセット状況。

これは必須です。

と言うかここをおさえておかないとお話になりません。

 

全リセか?

特定台だけリセットか?

通常営業はどうか?

少数機種やバラエティーはどうか?

 

普段据え置きメインの店なら「リセット=打つ根拠」になります。

普段据え置きの機種がリセットなら設定が入っている示唆かもしれません。

 

天井狙いにおいてもここの把握は必須です。

 

並びか抽選か

また、何人くらい朝の並びや抽選に参加するか。

これを知っておけば目当ての狙い台に座れる可能性が

ホールに行く前にだいたい把握できます。

 

また、一概には言えませんが

専業の数が多いほど設定は使われていると思って良いと思います。

それだけ設定に期待できるホールということです。

 

専業の見分け方は

「小役カウンターの使用」「耳栓」「打ち方」

などから見分けられると思います。

 

客質レベルもチェックです。

専業があまりに多いホールだと後ツモ率は格段に下がります。

朝一発勝負が多くなります。

天井狙いにおいてもライバルが多いとその分取れる期待値は下がってしまいます。

 

旧イベント日の把握とその店の設定配分の把握は設定狙いをするにおいて必要不可欠です。

旧イベント日の把握はメールの違いをこまめにチェックしたり

実際ホールでデータなどから確認したりして、把握できます。

 

普段の稼働率に比べてあからさまに稼働が上がっている日が見つけられれば

それが特定日である可能性が高いです。

また、最近はブログやTwitter、

フェイスブックなどのSNSでも告知しているホールがあります。

 

設定配分の把握も必須です。

まず、平常営業の設定配分を確認します。

 

ジャグラーなどのノーマル機種の

全台合算を取ってみると分かりやすいです。

 

AT機やART機の設定配分に関しては

実際自分が打ってみないと分からないことも多いですが

これは天井狙いなどをするときに

何も考えないでするよりも

奇遇の挙動に差が付いている機種なら

そこに注目して天井狙いをしてみるとか

データを取って集めてみるとか

工夫次第でなんとでもなります。

 

ホールの設定配分を把握できていると

設定狙いをする際にかなり役に立ちます。

(設定1メイン、や設定偶数ベース、など)

 

ざっと書き流しましたが

またどこかでもと詳しく書ければと思います。

 

以上になります。

 

ご愛読ありがとうございました。

 

質問、お待ちしております!!

yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

 

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

 

ドシドシお待ちしております(^-^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スポンサードリンク-

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

相互RSS

このページの先頭へ