この先の時代のために!ノーマルタイプの設定狙い時における大切な考え方

ランキングに参加していますので、下記の画像をクリックしていただけると大変喜びます(*^^*)

どうか応援よろしくお願いします<m(__)m>

みなさまのクリックが僕たちのやる気の源になります!!

にほんブログ村 スロットブログへ










 

yu-yaです☆

最近毎日毎日ノーマルタイプをさわってますが、ART機やAT機を打っている時以上に、確率は本当に不思議だなぁとつくづく思います。

確率と言うのは本当に本当に不思議なもので、、

考えれば考えるだけわけわからなくなってきますよね笑

 

え?!こんなこと起こり得るの?!
信じられない!
なんで自分だけ!

 

みなさんもこんな事を思った経験ありますよね^^;
僕も今まで死ぬほど思ってきました笑

一般的に確率のブレを「波」と呼んでますが、この「確率の波」を楽しむのがノーマルタイプの醍醐味かと思います^ ^

時に大連チャンをしたり、そうかと思えばありえないぐらい大ハマりをしたり、、

完全抽選ではありますが、時に「本当にちゃんと抽選してる?」と思うぐらいの連チャンとハマりを繰り返しますよね^^;

まぁハマりや連チャンがあるからスロット・パチンコは楽しいんだと思いますが^^

本来は、こういったことをキッチリ頭で理解しながら、そのうえで娯楽として楽しむものであるとは思います。

僕は今更娯楽として楽しむことはできませんが…ですがスロット自体は今でも好きですし、打つのは苦ではありません(^^

もう10年近くスロットを触っていますが、いまだに飽きと言う飽きがこないのはすごいですよね…(^-^;

 

ノーマルタイプの設定推測

さて、ここからはノーマルタイプの設定推測についてのお話しを。
ノーマルタイプの設定看破は難しいです。
ノーマルタイプと言うか、ボーナス確率だけで看破しようとすると、精度の高い看破はできないです。

ボーナス確率に差があると言っても、せいぜい1/120-1/160とか、1/130-1/180とか、それぐらいのものですから、

例えば2000回転時点で設定1と6でボーナスにどれくらいの差がつくのかみてみると、およそ4回ぐらいしか差がつかないんですよね^^;
これは1と6で見たときの平均的な数字ですし、6の下振れ、1の上振れを考えると、ボーナス確率での看破はほぼ不可能だと言えるレベルです^^;

 

さらに下の設定が2になったり、当たりの設定が5になったりすると、、、
ボーナス確率だけで看破するのはどう考えても無理ですよね笑
極端に偏れば看破できる展開の時もありますが、でもそれってだいたいボーナス確率以外の要素が混ざってるんですよね。

つまり、結局はお店の配分状況の把握や、根拠といった部分がノーマル機の設定狙いをするうえで圧倒的なウエイトを占めます。
まぁこれはノーマル機に限ったことではないですけど。

たくさんたくさん回さなければ分からないのであれば、座った時点でたくさん回せるだけの根拠作りをしよう!と言う事ですね^ ^

小役カウントの優秀さ

それだけノーマル機のボーナス確率で設定看破するのは難しいのですが、ノーマル機が看破できないわけではありません。
「小役確率」に比較的大きな差がある機種は、ボーナス確率だけでみるよりかは遥かに精度の高い看破ができます^ ^

小役確率を使うことが設定看破において優秀な理由は、「サンプルの集めやすさ」にあります。
また、ボーナス確率に比べて分母が小さいため、比較的確率が荒れにくいです(と言っても十分荒れますが)
なので、小役確率に差がついている機種はまだ看破できる部類に入ります。

ジャグラーシリーズで言えば、「みんなのジャグラー」「マイジャグラー」は比較的看破ができる部類の機種です。
他にも「ハッピージャグラー」「アイムの5か6」は、小役確率の差が大き目なので、看破できないことはないです。

マイジャグラーは単独チェリーとブドウだけでなく、ボーナスのフラグにも大きめな設定差がついている「単独REG」があるので、看破できる部類のジャグラーシリーズになっています^ ^
みんジャグも単独REGとブドウの差が大きいですね。

 

マイジャグラーの設定狙いをしたとある日のお話

さてそんなマイジャグラーですが、この日も昼から時差オープンのお店でマイジャグの設定狙いをしてきました。
結構強い根拠があったので、よっぽどの展開でない限り、できれば3000回転は黙って動きたくないところ。

するとこの日は朝からビッグの連打が止まらない(°_°)
600回転ぐらいでビッグ8のレギュラー0という怒涛の連チャンで一気に出玉を形成!
レギュラーも引いてくれれば言うことなしですが、このビッグに偏った確率の波はしばらく偏り続けます!
1500…2000…3000…
56を見るなら、さすがにそろそろレギュラー欲しいところですが、3000回転の時点ではなんとレギュラー6回( ; ; )
単独REGは5回でした。

しかしもちろん気にせず続行します(気にしないはウソ)
この時点で

・狙いが強い根拠のある台
・今日の配分的にも56が入る根拠あり
・ブドウが3000回転の時点で1/5.9

以上の理由からどんどん回していきます!
ちなみにビッグは18回引いてました^^;

 

チェリーREGは分母が大きいですし、設定6でも引けない時は引けないです。
差の大きな単REGも、1/330-1/650くらいの差で、1/330(5になるとおよそ1/400)は、引けない時は引けません^^;

3000回転で18/6だと弱く感じますが、3000回転で6/18だとあるんじゃないか?!
となりますよね(╹◡╹)
6/18はそんなに頻繁にはならないですけど、全台系とかをやるホールデータとかをみていると、そこそこ目にします。
つまり、6/18があると言うことはその逆もあっておかしくないということ。
でも18/6だと打てないことが多いです。
それはボーナス確率のみに焦点をあててしまっているからで、これを小役確率や、根拠の部分で看破をすると、打てる展開になりやすいです^ ^

ということで、とりあえず黙々と回し続けます!
すると、後半REG確率は上昇してにきました!

この確率の波を予想しながら打つのが楽しいですよねぇ(*^^*)
「ほら、やっぱりあがってきた」とか考えるのが好きです^ ^

 

最終的には6890回転で

BIG36 REG21
ブドウが最後まで1/5.9
単独チェリーは1/33
単独REGはおよそ1/400 (17回)

でした!

根拠と照らし合わせても設定56はあったんじゃなきいかなと思います^ ^

最終的には5000枚近いメダルを流してフィニッシュ☆
ノーマルタイプの5000枚はAT機の8000枚に匹敵しますな(・∀・)
出メダルもそうですが、きっちり打ちきれたことに満足した一日でした(*^^*)

 

このように、ボーナス確率だけで推測するのではなく、根拠をもってしばらく回せる環境をつくるのがやはり設定狙いにおいては理想です。

しかし、様々な要因から毎回そうはいかないものですし、対峙しているものが機械と確率なので、上手くいかないことも多いです。

そういった時にしっかりとした考え方をもっている人が、結果を残し続けることができるんだろうなぁと強く思います。

 

 

今回は僕がノーマルタイプを打っている時、どのような事を考えながら打っているかを記事にしました^ ^

みなさんにも楽しいノーマルタイプライフを🎵

 

それでは今回はこのあたりで!

 










 





 



 

本日もご愛読ありがとうございました☆

応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ

質問、お待ちしております!!
yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

ドシドシお待ちしております(^-^
-スポンサードリンク-

2 Responses to “この先の時代のために!ノーマルタイプの設定狙い時における大切な考え方”

  1. ユメオ より:

    初めてユメオと申します。
    いつもご参考に読ませて頂いております。

    最近、6,25枚、5,6枚のお店で
    マイジャグ3、ファンキー、GOじゃぐを攻めてます。
    高設定の場合の期待値の出し方は6,25枚なら期待枚数✖16、5,6枚なら期待枚数✖17,8で算出できると思います。合ってますか?

    低設定打ったばあいはどういう式で期待収支が算出できるのですか?良かったら教えて下さい。

    • yu-ya より:

      コメントありがとうございます!

      低設定を打った場合も同じ考えですよ^ ^
      期待値枚数×1枚あたりの価値で大丈夫です!
      低換金のお店で打つと、等価交換に比べて高設定を打った時の期待値は下がりますが、低設定を打った時の損失も少なくなります。
      これは1枚あたりの価値が下がってるからですね。
      ただし、現金投資をしてしまった場合はその限りではないので注意です。

コメントを残す

このページの先頭へ