番長3の看破に使える要素って何??偶数ベースと奇数ベース別に考える

ランキングに参加していますので、下記の画像をクリックしていただけると大変喜びます(*^^*)

どうか応援よろしくお願いします<m(__)m>

みなさまのクリックが僕たちのやる気の源になります!!

にほんブログ村 スロットブログへ

yu-yaです!

今日は、今旬である番長3の設定推測について記事を書きます^^
ベルカウンター関連の解析が出たことによって、もう一段階深い推測が可能となった番長3!

IMG_9777
そんな番長3のyu-ya流推測ポイントをお届けします☆
それではご覧ください^^

 

奇数ベースか偶数ベースか

設定狙いをするにあたって、基本中の基本、そのお店のベースをまずは把握したいです。
番長3のベースを把握するには、絆のように簡単には把握できないですが、『清水寺』の出現率で判断したいです。

kiyomizudera
 

よく清水寺は目撃するけど、専業の方が打ち切り台や差枚が抜けてプラスになっている台がないなら2ベースの可能性が高くなります^^

偶数ベースのお店

偶数ベースのお店で6を狙うには、2・4・6の看破が必要になります。
ここの看破に使えるのは

初当たり◎
強制逆転勝利〇
対決カウンターモード▲
ART性能▲
通常ボーナス&チャンスチェリー▲
引き戻し▲
青7比率▲
共通ベル▲

こんな感じです!
決め手に欠ける感じですね^^;
やはり最終的には「初当たり確率」がキーポイントになるかなといった感じです。

 

6は他の設定に比べてART性能に安定感がありますが、ART性能を頼りに看破するのも難しいですし、引き戻しもサンプルがあまり取れないので、1回きただけでは決め手になりません。
しかも引き戻しは、純正なのか、100%レア役じゃないのかなどの判断も難しいですからね^^;
通常ボーナスとチャンスチェリーは、複数回引ければ強いですが、分母も重たいですし、これもまた決め手に欠けます。

 

対決カウンターモードも、ここで同じ偶数設定同士を見抜くのはなかなか難しいですが、ART抜け後のモードを除いた状態で、ベルカウンター32をこえるかこえないかが一つのポイントになります。

80%ぐらいはモードBでもベルカウンター33までに当たるので、設定6は圧倒的に32を越えにくいです。

とは言っても、ART中のモードなどを考慮した時、設定6以外でも32カウンターをそんなに頻繁にはこえないので、ここだけで判断するのも難しいです。
ART抜けを除いた状態で、連続で32をこえたらほぼアウト、ぐらいに考えておけば良いと思います^^

 

青7比率は、これもサンプルを取るのに苦労しますし、確実に昇格かどうか見抜けないことも多いので、決め手には欠けますが、天国じゃない状況かつ昇格の可能性も低い状況での青がきたり、複数回青がきたりすると、なかなか強い要素にはなります。

 

奇数ベース

下の設定に1を使っているお店での看破ポイントは

初当たり確率◎
強制逆転勝利〇
対決カウンターモード◯
ART性能▲
通常ボーナス&チャンスチェリー▲
引き戻し▲
青7比率▲
共通ベル▲

やはり1-6は看破がグッと簡単になります^^
中でも対決カウンターモードは、A比率が圧倒的に違いますし、Bやチャンス滞在も全然違うので、2-6の看破に比べるとかなり使える要素になります。

引き戻しも若干差が大きくなりますし、1-6の看破は比較的容易だと思います^^

 

小役確率も個人的にはボチボチ使えると思ってますが、まぁサンプルも取り辛いですし決めてには欠けますね^^;

 

こうして見てきたように、番長3も絆と同じように、「総合的にみて看破」していく必要があります^^

 

狙い台+引き戻し+チャンスチェリー+初当たり良好…なのでありそうだ

みたいな感じで看破していくのが良いと思います!
初当たり確率が一番キーにはなりますが、ここも分母が重たいですし、対決中のヒキ次第では展開が荒れる仕様なので、やはり総合的な判断が良いかと^^

上に振り切れた場合の6の判断は比較的容易だと思います^^

 

それでは本日は以上になります!

本日もご愛読ありがとうございました☆

応援よろしくお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 スロットブログへ

質問、お待ちしております!!
yu-ya、ペタジーニに聞きたいことがあれば何でも質問してください(^-^

ishagirl986@@gmail.com←@マークを一つ消して送信してください。

ドシドシお待ちしております(^-^
-スポンサードリンク-

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

相互RSS

このページの先頭へ